老化や様々な病気の原因物質と考えられているのが「体のサビ」。

近年健康に良いと話題に上る事が多くなった「抗酸化食品」は、すべて「体のサビ」を取り除くことが体に良いとされる理由です。

例えば、抗酸化物質の代表選手のようにもてはやされて、一時大ブームを巻き起こした「コエンザイムQ10」や赤ワインなどに多く含まれる色素「ポリフェノール」、緑茶に含まれる「カテキン」などが代表的な「抗酸化食品」になるのでしょうか。

こうした食品を意識的に摂取して健康維持に努めるのはもちろん良いことですが、これだけで全身にたまったサビを掃除するのは無理があります。

そこで近年非常に注目されるようになったのが、「食べる水素」です。




マイナス水素イオンは生殖免疫学の権威である及川胤昭博士によって世界で初めて存在を証明されました。

「アクティブハイドライドplasma」はマイナス水素イオン原子を、独自の技術でサンゴカルシウムにイオン結合させ粉末化したものです。








活性酸素は、呼吸により体内に取り込まれた酸素の一部が化学変化した物質で、酸素の約2%が活性酸素に変わります。

その他に、ストレス、激しい運動、タバコの煙、赤外線、排ガス、水道水、食品添加物なども活性酸素の原因となります。

活性酸素は、細胞を酸化しDNAを傷つけて、老化を促進し、免疫力を低下させ、ガンなど多くの病気の引き金になります。

最新の医学理論では、糖尿病、高血圧などの生活習慣病はもちろん、動脈硬化、心筋梗塞、肝炎、白内障、アトピーなども過剰な活性酸素が原因と言われています。







通常、水素原子は1個の電子と1個の陽子を持っていますが、マイナス水素イオンは、2個の電子を持っています。

一方、活性酸素は電子が1個不足した状態のもので、身体の中で、電子を求めて暴れています。

マイナス水素イオンは、余分に持っている電子を活性酸素に与えて、活性酸素を中和し水として除去する役目を果たします。




マイナス水素イオンは寿命が非常に短いという限界をもっていますが、イオンを特殊製法(特許第4218939号)で天然サンゴカルシウムに封じ込めて固体化したことにより、7〜8時間にもわたって持続できるようになりました。



これまでの抗酸化剤が巨大な複合分子の塊であるのに対して、個体マイナス水素イオンは、特殊技術によって分子レベルで加工され、これまでの抗酸化剤の数千分の一に極小化されていますので、末端細胞の隅々にまで効果が行き渡ります。



これまでの免疫療法や健康食品には、その効果を明確な形で測定できないという難点がありましたが、個体マイナス水素イオンの優れた効果は、明確に測定できます。




水素は分子量が最も小さい物質です。

有名なコエンザイムQ10は水素の863倍の大きさがあります。

つまり、水素1gとコエンザイム863gは、同じ還元力なのです。











アクティブハイドライドは沖縄県産のサンゴカルシウムを特殊加工(特許4218939号)し、マイナス水素イオンを吸蔵させた他に類をみないマイナス水素イオンパウダーを100%使用したサプリメントです。

博士はフランスのルルドの泉など、世界中で知られている奇跡の水には共通して水素が含まれていることに着目し、水素が何らかのかたちで活性酸素除去に関係しているのではないかと研究を始めました。

博士は長年の研究の結果、独自のある理論にたどり着き水素発生食品アクティブハイドライドを開発することに成功しました。

現在、アクティブハイドライドは様々な分野から注目されております。



現在知られている全ての抗酸化剤は、一分子当たりたった一個の電子しか放出できません。

アクティブハイドライドの放出する最も分子量の小さい水素は、1グラム当量あたりの還元効率がとても高くなります。

例えば、水素1gとコエンザイムQ10の863gは同じ還元力を持っているという事になります。




アクティブハイドライドは素材が天然成分(サンゴカルシウム〈造礁サンゴ〉100%)だから安全です。

しかも防腐剤、合成着色料、人工香料などいっさい使用しておりませんので、毎日飲んでも安心です。

造礁サンゴとは古くから伝わる安全な食材です。

カルシウム補給のサプリメントとしても注目を浴びている素材です。




特許製法のアクティブハイドライドは、水分に反応してマイナス水素イオンを放出します。

試験管上では48時間以上、実際には消化・吸収・代謝が行われるため排出されるまでの約8時間程、継続してマイナス水素イオンがを発生し続けます。

発生したマイナス水素イオンは、通常の水素分子とは違い、短時間で消滅することなく分子化とイオン化を交互に繰り返し長時間存在することができる、画期的なサプリメントです。





活性酸素 は、細胞を酸化させる、DNAを傷つける、老化を促進するなど、多くの病気の引き金となります。
身体の維持には欠かせない酸素ですが、呼吸した酸素の約2%が 活性酸素 になってしまいます。
一部は侵入してきた細菌やウイルスの駆除、新陳代謝の過程で使用されます。
しかし食事・喫煙・紫外線・食品添加物・排気ガス・ストレス・運動など、様々な要因で 活性酸素 が増えすぎると、細胞の周りにある脂質やコレステロールから電子を奪う行動に出ます。
これが酸化です。
電子を奪われて酸化した脂質やコレステロールは、サビついた状態になり、 動脈硬化や心筋梗塞といったおそろしい病気の原因となってしまします。



細胞では余分な活性酸素に対して抗酸化酵素を作っています。
この酵素が活性酸素に電子を与え還元しているのです。
しかし、酵素は40歳を過ぎた頃から急激に減りだし、それに伴って体力や免疫力が次第に低下していき、生活習慣病などを誘発します。
多くの疾病が活性酸素による体内の大規模な「酸化現象」に起因しているとすると、この有害で危険な活性酸素に対抗するには、抗酸化物質を体内に摂取し、活性酸素に電子を与え還元すれば良いと考えられます。



水素は、人体の 63 %構成する要素です。
水素がなければ太陽も地球も水も人間も存在できません。
次世代の燃料としてのイメージがあるかもしれませんが、最近では様々な大学・医療機関・研究機関等で水素の研究が盛んにおこなわれております。
某大学研究グループの、動物実験でも期待以上の効果がみられており、将来的には医学的治療に活用できる可能性があると発表されております。



アクティブハイドライドの原料の食べるマイナス水素イオンは、沖縄県産の天然サンゴカルシウムに特殊加工(特許製法)で、マイナス水素イオンを吸蔵させた食品です。



還元水や水素水とは、体内での還元作用の持続時間が違います。
水素水に含まれる水素分子は不安定なため、コップやペットボトルの中から短時間で空中に飛散し、還元作用が弱まってしまいます。
アクティブハイドライドは、体内に摂り入れることでマイナス水素イオンを放出し、それが分子化とイオン化を交互に繰り返すことができ、安定した状態で長時間持続できると考えられています。

商品名 アクティブハイドライドplasma
名称 カルシウム加工食品(特許 4218939号)
原材料名 サンゴカルシウム/HPMC
栄養成分表示(1g当たり) 熱量:0.03kcal
タンパク質:0.001g
脂質:0.001g
炭水化物:0.007g
ナトリウム:2.84mg
マグネシウム:19.4mg
カルシウム:390mg
カリウム:0.197mg





アクティブハイドライドplasma(400mg・90錠入)

販売価格 12,350円
(税込・送料込)




▼6ヶ月コース
アクティブハイドライド
×6箱セット
※ 9,000円お得!

65,550円(税込)
1日3粒で180日分
▼3ヶ月コース
アクティブハイドライド
×3箱セット
※ 3,000円お得!

34,200円(税込)
1日3粒で90日分
▼2ヶ月コース
アクティブハイドライド
×2箱セット
※ 1,000円お得!

23,750円(税込)
1日3粒で60日分



【 送料・代引手数料について 】


※ お支払いは代金引換となります。

10,000円以下のご注文の場合、代引手数料324円は別途必要となります。
10,000円以上のご注文から送料・代引手数料は無料となります。



TOP| 特定商取引法に基づく表記 | 個人情報保護方針

Copyright (C) 2016 Bikensangyou Co., Ltd. All Rights Reserved.